海外ビジネスに関わる制度!移転価格税制の仕組みを知ろう

独立企業間取引とは

男女

子会社との間でも

移転価格税制は、海外の子会社と取引をしても移転価格が異なる場合には独立企業間取引とみなされて課税される仕組みのことです。日本では、約30年前に導入されました。移転価格税制は、それぞれの国が均等に税金を課すことを目的として制度化されました。移転価格の設定によっては、国によって納税額が大きく変化するということから移転価格税制があることによって、均等な納税が可能となっています。移転価格税制があるということで、グローバル企業が増えている現代ではどの国も国家の利益となる税金を平等に獲得することが出来るようになっています。最近では、こうした移転価格税制の関係から適切な移転価格設定をサポートしてくれる税理士事務所などもあります。二重課税などの問題もあるということから、適切な価格に設定するということは企業側の負担を減少させていくという意味でも重要なポイントです。移転価格税制は、企業にとっても国にとっても大きなメリットがある仕組みとなっています。現在では、税金の奪い合いが国家間で激しいものとなっています。そうした理由から、こうした制度を設定しておくことで様々なトラブルを避けていくことが出来ます。国の利益も企業の利益も重視されているということから、しっかりと適切な判断をすることが大事です。専門のサービスを提供している税理士事務所などもあるということから、まずは相談してみるということも大切なポイントとなっています。

Copyright© 2017 海外ビジネスに関わる制度!移転価格税制の仕組みを知ろう All Rights Reserved.