洗濯物の行く末 | 注文住宅で理想の環境づくり|ローコストでテンションはHigh

洗濯物の行く末

部屋干しがさらに増えるでしょう

今後、女性管理職が増えることが確実視されています。主婦はどんどん減っていくでしょう。そうなると、家をあける時間も増えます。多くの住宅で部屋干しが行われるようになるでしょう。最近の住宅では、洗面室乾燥機と昇降機能付き物干しを導入することが増えています。部屋干しでは浴室を利用することが多いですが、乾くまで入浴できないと言うデメリットがありました。しかし、洗面室なら干したままでも支障はありません。とは言え、早く乾くに越したことはないので、洗面室乾燥機の需要は高まっているのです。昇降機能付き物干しも使わないときは天井まで上げておけば邪魔になりません。これからの住宅では、これらが導入されることが当たり前になるでしょう。

ホテルのような洗面室

近年の住宅の水まわりは、とてもおしゃれになってきました。富裕層ではない人でも、ホテルのような洗面室をつくる人が多いです。しかし、おしゃれにすることだけに注力するのではなく、掃除のしやすさもしっかり考えられています。働く女性が多くなったことで、水まわりの掃除のしやすさも重要視されるようになりました。掃除しやすい素材の洗面ボウルもたくさんあります。ホテルのような洗面室と言えば、オーバーカウンタータイプですが、これには少し注意が必要です。オーバーカウンタータイプだと、ボウルに落ちた水がはねてカウンターがビショビショになります。ボウルと壁の間も掃除しにくいうえに、値段も高いのです。導入する際はよく考えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加