海外ビジネスに関わる制度!移転価格税制の仕組みを知ろう

支給対象者と支給条件

女性

実績のある弁護士に依頼

風邪をひいて病院で診察をうけた時や、健康診断の際に、自分がB型肝炎だったと初めて知る方がいらっしゃるようです。その場合、B型肝炎のウイルスを保有していても、症状が出ていないケースもあります。ただ、症状が出ていないからと安心していてはいけないようです。B型肝炎は、慢性肝炎や軽度の肝炎、がんや重度の肝硬変へ進むこともあります。B型肝炎の給付金の話はご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、B型肝炎の給付金を受けとる為には、給付期限内に和解が成立していることが必要になります。症状がでてから慢性肝炎や重度の肝炎などになったとしても、給付期限内に和解をしていないと、追加で給付金が受けられません。また、自分がB型肝炎の給付金の対象者だと申請する為には、提出する証拠となる資料が多いので、途中で諦めてしまう方もいらっしいます。そこで、頼れる存在なのが弁護士です。ただ、どこの弁護士事務所でも良い訳ではないようです。B型肝炎の給付金申請の実績が多い弁護士事務所に依頼すると良さそうです。弁護士事務所では、B型肝炎給付金の無料相談会を行っているところもありますが、相談する時にに気を付けたいこともあります。それは、肝臓専門医療機関と連携して、医学的な知識を持つ弁護士がいる弁護士事務所かどうかで選ぶと良いです。家族がB型肝炎の給付金を申請する時に、本人が亡くなっていた場合には、証拠書類を集めることが難しい場合もありますが、その代わりの資料の提出で申請できることもあります。諦めずに弁護士に相談してみて下さい。

Copyright© 2017 海外ビジネスに関わる制度!移転価格税制の仕組みを知ろう All Rights Reserved.