海外ビジネスに関わる制度!移転価格税制の仕組みを知ろう

どの程度請求できるのか

シャツに付いた口紅

弁護士の意見を参考にする

夫や妻が不倫をしていることが分かったら慰謝料請求ができます。もちろん、不倫をした夫や妻に対してもできますが、その相手にもできるのです。精神的苦痛を与えたとして両方に慰謝料請求をしましょう。ただし、どのくらいの額を請求できるのかは、素人では判断がつきません。これは弁護士に相談し、弁護士の意見を参考にして設定することをお勧めします。また、いくら不倫をしていると思っていても、その証拠がないと慰謝料請求ができないこともあるので注意が必要です。探偵事務所に依頼して、不倫の証拠をつかんでみてから弁護士に相談し、慰謝料請求という流れにした方がいいかもしれません。いずれにしても、慰謝料請求をするのなら離婚も念頭に置くことをお勧めします。通常、離婚をすることで慰謝料請求をすることになるものです。この時、夫婦だけの問題ならまだいいのですが、子どもが居るとさらに大変です。子どもの養育費はどうするのか、親権はどちらが持つのかといったことも決めなくてはならないからです。当然、明らかに悪いのは不倫をした側なので、親権は慰謝料請求をする側が持つことになります。ところが、実際にはもめることが多いのです。というのも、子どものこととなると不倫をした側も責任を持ちたいということで親権だけは取りたくなってくることがあるからです。これらの件も含めた上で、慎重に話し合いましょう。慰謝料や養育費の相場を元に請求することになります。

Copyright© 2017 海外ビジネスに関わる制度!移転価格税制の仕組みを知ろう All Rights Reserved.